不動産投資と保険
2017.06.26

オフィス街保険という金融商品は、非常に便利であり、お金を掛ける価値があるため、多くの人が利用しているわけです。当然、不動産投資も、この保険という金融商品は密接に関係しています。例えば「不動産投資をするのであれば生命保険には加入しないでよい」という声をあちこちで耳にします。今回は、この生命保険との関係を始め、不動産投資をするのであれば、知っておきたい保険のあれこれについて触れていきます。知っておいても損はない情報になるため、ぜひ読んで頂いて、知識として身に付けて貰えれば幸いです。
【大規模災害を念頭に火災保険などは必ず加入すること】不動産投資で一番怖いのは「大規模震災で投資した不動産が壊れてしまう」ということです。他サイトでも、不動産投資のデメリットとしてよく挙げられる部分になります。それを防ぐのが「保険」ということです。少なからず、補償の厚い火災保険には加入しておくべきと言えます。当然、補償が厚くなれば厚くなるほど、保険料は比例して高くなってしまうことに。これは人それぞれの考え方にはなってしまいますが、リスクを大きく軽減してくれるのであれば、出す価値のある出費でもあります。つまり、確かに保険料は高いですが、コストパフォーマンスの面では非常に優秀ということができるわけです。色々と保険屋を含め、不動産投資をするのであれば、色々なところに相談することが大切になってきます。
【どのような保険に加入しているか?を必ず理解すること】不動産投資のリスクヘッジのために保険に加入をすることは非常に大切なことです。しかし、中には「保険に加入した」という満足感を得てしまい、内容に対して深く吟味していない人が非常に多い現状があります。結果、実際に災害に遭ってしまい、保険を適用しようとしたら…適用範囲外と判断され1銭も補償されなかったという悲惨な状況になってしまう人が多いです。このようにならないために、保険加入時は「どのようなときに全額補償になり、どのようなときに補償されないのか?」を理解しながら、加入する保険を決める必要があります。
【利益を得られれば生命保険は不要になる?】上記の話とは少し話が異なりますが、不動産投資をすれば生命保険の加入はしなくてもよいという話を見ます。これは、あくまでも「収益が上げられ、かつ生命保険が不要なほどのお金を得られたら」という大前提があります。したがって、安易に「不動産投資をしたから生命保険は解約」としないようにしましょう。こちらも、メリット・デメリットがあるため、その特性を理解し、生命保険をどうするのか?を決めることが大切です。

▲ ページトップへ