横浜のメリット
2017.06.26

高層ビル横浜という地域は、不動産投資をする上で、様々なメリットを持っていることは有名な話です。今回は、この横浜で投資をするメリットをテーマにお話を進めていきます。後ほど触れますが、2020年に東京オリンピックが開催されることもあり、2017年現在、不動産価値が大きく変わってきています。この波に乗り遅れないためにも、横浜の投資メリットについて一緒に勉強をしていきましょう。また、収益物件も非常に有効のため、広い視野で不動産投資ができればなおよしです。
【大きな値崩れがしない比較的リスクが小さい地域】横浜で不動産投資する大きなメリットの1つとして挙げられるのが「リスクが小さい」ということ。他地域と比較して、大きな失敗に繋がる確率が幾分少ないと言われています。例えば、利回りの数字で見れば、1つの目標とされる10%という数字(表面利回り)が多く存在しているわけです。ここからも、大きな値崩れがしなかったり、収益物件の場合、素晴らしい稼働率を誇っているということができます。ただ勘違いしてはいけないのは、必ず成功するものではないため絶対ではありませんということ。失敗するときは失敗するため、石橋を叩いて渡るぐらいの気持ちで、横浜で投資をしていかなければなりません。くどいですが、失敗するリスクが小さいだけであり、あぐらをかいてよいわけではありません。
【首都圏に近いため何かと便利】そもそも横浜は首都圏までのアクセスが素晴らしい地域になります。したがって、様々な人のニーズに応えてくれる街ということです。例えば、マンスリーマンションを運営した場合、首都圏へ仕事に行きたい出張サラリーマンが、こぞって利用してくれるわけです。さらに神奈川県には、大きな企業が多く存在する地域でもあり、単身赴任で転勤してくる人も多い県。その中心部である横浜で、賃貸アパートを借りて暫くの間だけ暮らすという人も。このように首都圏に近く、さらに神奈川県内へのアクセスも良好です。こういった大きなメリットがある街だからこそ、結果、不動産としてもメリットになるわけです。
【2020年東京オリンピックの影響を大きく受けることになる地域】期間限定のお話にはなってしまいますが、2020年の東京オリンピックに向けた投資も活発化しています。横浜もその恩恵を受けている状態なので、今、きっちりと見極めることができれば、大きな資産を作ってくれます。こういったメリットもあることが、横浜という街になります。東京オリンピックが、どのように横浜の不動産投資に影響を与えるのか?は、ここでは説明はしませんが、チャンスの時期ということは間違いありません。

▲ ページトップへ